5/25/2010

aim for the moon... even if you miss, you'll land among the stars ☆♪

 2004年に、初めて日本に来ることになって準備をしていました。期間は2ヶ月で、大部分は3日間の英語キャンプを、関東地域の所々で開催するプログラムでした。(その他の時間は、ホームステイをさせてもらっていました。)その時、プログラムの責任者がいい話をして、まだ忘れていません。「小さくて軽い荷物の長所を過剰に強調することができない。かつて、日本で2ヶ月を過ごすためにただ1つのバックパックを背負ってきた先生に会った。それが技術だ。それが賞賛に値する。」

 そこで、ただ1つのバックパックを私の目標にもしようと考えました。結局、少しオーバーしてしまいましたが、1つのバックパックに小さいカバンで来日しました。おかげで、大きなスーツケースやパックと戦いながら動く仲間よりも、私は早く楽に歩けました。(これは特に、電車や駅の階段で役に立ちました。)そして、もう一つ役に立ったのは、荷物の中に持って帰らなくて良いものを入れました。ホストファミリーへのお土産意外は、例えば、古いタオルとか、靴下とか。最後に捨てて、お土産を入れる空間を作りました。

・・・~★☆★~★☆★~・・・

              In 2004, I was getting ready to come to Japan for the first time. I was going for two months, most of which would be filled with  3-day English camps in locations across the greater Kanto (Tokyo) area. Our program coordinator said: "I can't stress enough the advantages of packing light. I once knew a counselor who came to Japan with just one backpack for two months. That's skill. That's commendable."

              I decided to make this my goal as well, and I ended up in Japan with a backpack and a small over-the-shoulder bag. Not only was I able to move around much more easily than some of my companions with their bulky suitcases and camping backpacks (especially problematic in railway stations and the numerous stairs we encountered), but I had packed things I could leave behind at the end—host family gifts, of course, but also an old towel and a few pairs of old socks—to make room for souvenirs.

1 comment:

  1. This comment has been removed by the author.

    ReplyDelete

下の四角の中でコメントを書いた後で「Publish」を押すと自動的に掲載されます。なお、全てのコメントの内容がブログの管理者にチェックされますので、個人情報が無い事を確認した上、publishをクリックしてください。

Comment as (〜としてコメントを残す)のところで、Anonymous(匿名)をドロップダウンメニューから選択してもいいですし、登録したIDを使っていただいてもいいです。